47RONINは侍SFファンタジーか?忠臣蔵を考えずに見よう!

47RONINは侍SFファンタジーか?忠臣蔵を考えずに見よう!

47RONIN

47RONIN

原題:47 Ronin
製作年:2013年
製作国:アメリカ
日本公開日:2013.12.06
レンタル開始日:2014.04.09
おすすめ度:47RONIN

 

あらすじ

赤穂の国の侍・大石内蔵助とその部下たちは、吉良と謎の女ミヅキの陰謀により、尊敬する主君の命と侍としての身分を奪われる。

 

素性不明の混血カイは、主君の仇打ちと、吉良に命を狙われる姫のミカを守ろうと立ちあがった大石に力を貸し、圧倒的な吉良軍に対しわずか47人で立ち向かうが・・・・。

 

レビュー

47RONINをレンタルDVDで見ました。忠臣蔵と完全に切り離して見れば、アクションファンタジー映画として十分成り立つと思います。

 

私ファンタジー映画大好き人間ですから。

 

マトリックスのキアヌ君、ウルヴァリンの真田さんにパシフィックリムの凛子ちゃん、コウさん、浅野さん皆さん頑張ってます。

 

でもやっぱり変なんですよ。ウルヴァリンSAMURAIで感じた「何かが違う!」という感覚が半端じゃないんです。

 

いつも思うのですが、ハリウッドの映画監督が描く日本は、なんで中国とかチベット、モンゴルなんかをごちゃ混ぜにしたような作り方をするのでしょうか。

 

日本をバカにしているとは思いませんが、もう少し日本を勉強して真面目に作って欲しいですね。そうでなければ、衣装や美術は日本人スタッフにするべきです。

 

47RONINのレビューは8:2でダメ映画に推薦されています。忠臣蔵って何?っていう人で、ファンタジー映画が好きな人は見ても損はないかもです。

 

でも侍が苦手な人は見ないで下さいね。

 

キアヌ君以外は全て日本人ですが、日本人もセリフは英語でした。途中から日本語バージョンで見ましたが、こちらの方が個人的には楽しめました。

 

口の動きが気にならなければですが、侍が英語を喋るのはやっぱり変ですよね。

 

まとめ

47RONINが日本でウケなかった原因は、単純に事前の宣伝不足だと思います。テレビでほとんど見ませんでしたから。

 

製作費175億円の100分の1でも宣伝費に回していたら違った展開になっていたと思います。ただ宣伝すればよいのか、観客が増えるのかというとそういう問題でもないんですけどね。

 

大々的に宣伝した「かぐや姫の物語」の例もありますから、結局最終的には「好み」か「そうでない」かの違いなんでしょうか。

 


 

Sponsored Link

関連ページ

スノーピアサーよりも、やはりキャプテン・アメリカですよね
スノーピアサーよりもキャプテン・アメリカのクリス・エヴァンスが好きです。ティルダ・スウィントンの怪演も素敵ですよ。
ザ・コール 緊急通報指令室のハル・ベリーがいい演技していますね
ザ・コール 緊急通報指令室はいいですよ。低予算で作られたようですが全然そんな事はないです。ハル・ベリーさん、めっちゃいい演技しています。
ゴースト・エージェント R.I.P.D. B級映画大好きです!
ゴースト・エージェント R.I.P.D.いいですね。B級映画も最近は気合が入っています。
ゼロ・グラビティを見て感動しました!あなたも是非見てください
ゼロ・グラビティは2年前にレンタルされた作品ですが、今見ても全く画像は衰えていませんね。
SPY/スパイを是非!ステイサムのおバカキャラが最高にウケます
SPY/スパイは007のパクリではありません。作品賞にもノミネートされるほどのしっかり作られた映画です。アクションコメディが好きな人は必見です!
セブンス・サン/魔使いの弟子は豪華キャストすぎるのでは?
セブンス・サン/魔使いの弟子は、アクション・アドベンチャー大作という触れ込みででしたが、果たしてその感想は?
シビル・ウォー/キャプテン・アメリカはタイトル間違いでしょう
アベンジャーズ3ではないですか?メンバーもそのまんまアベンジャーズ?ん!なんか違う。
エンダーのゲームは原作を読んでいないと意味がわかりません!
エンダーのゲームのレビューですが、このレビューを読まれても決して面白そう!なんて思わないでください。
ネービーシールズ:オペレーションZにBDは必要ないでしょう
ネイビーシールズvsゾンビって人気のある設定だと思いますが、この映画は 何て言えばいいのでしょうか?
エンド・オブ・キングダム!あなたにもお勧めできる面白い映画です
エンド・オブ・ホワイトハウスの続編ですが、前作を見ていなくても全く問題ありません。でも、できたら前作を見ましょうね
パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々/魔の海のレビュー
パーシー・ジャクソンの活躍を描いたファンタジー「パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々」(2010)の続編となります。
デッドプールはお下劣ジョークと下ネタ全開!血糊がドバッ!
デッドプールはアクション映画が好きな人でも、好き嫌いがはっきりと分かれる映画ではないでしょうか?
ロボコップが再び蘇る!現代に即した内容で非常に面白い!
リメイク版ロボコップは旧作よりも洗練されたデザインで非常に好感が持てます。あなたはどう思いますか?
300<スリーハンドレッド>帝国の進撃は前作よりも凄まじい!
前作300の続編かと思いきや、前作を補うような形で同時進行別場面の闘いを描いております。
ハンガー・ゲーム2はジェニファー・ローレンスの演技が素晴らしい!
ハンガーゲーム2の評価は今一つですが、主演のジェニファー・ローレンスの素晴らしい演技がこの作品を救ってくれました。
スノーホワイト/氷の王国は前監督と白雪姫の不倫で駄作となった!
スノーホワイト/氷の王国のレビューですが、1作目のスノーホワイトが好評だった為に、この駄作は何と評価してよいのわかりません。
10 クローバーフィールド・レーンに幻滅!私には理解不能です
最初からB級映画と謳ってもらった方が視聴者には親切ではないでしょうか。J・J・エイブラムスがプロデュースしたパニック・スリラー大作!なんて嘘っぱち。
マレフィセントは子供と一緒に大人も楽しめる眠れる森の美女です!
アンジェリーナ・ジョリーのマレフィセントは、お子様向けと思いきや大人の私も楽しめました。是非あなたにもおすすめします。
西遊記 孫悟空 vs 白骨夫人は意外と面白い!さすがサモハンだわ
西遊記 孫悟空 vs 白骨夫人を所詮B級だろうと侮ってはいけません。完全に前作の「孫悟空誕生」を 凌いでいます。
インデペンデンス・デイ:リサージェンスが面白すぎてヤバい!
インデペンデンス・デイの続編ですが、20年ぶりにパワーアップして戻ってきました!
ウォークラフトが面白い!これほどのファンタジー映画は久しぶりです
人間、エルフ、ドワーフなどの種族が暮らす世界に、別の世界から侵攻してくるオークとの戦いを描く物語は、ホビットやロード・オブ・ザ・リング大好きさんにはおススメの作品です。
メカニック:ワールドミッションに目新しさが感じられなかった
ジェイソン・ステイサム主演の「メカニック」の続編ですが、残念ながら期待外れに終わりました。
スーサイド・スクワッドはいかがですか?力を抜いて見て下さい!
悪には悪!という設定でお話が進みますが、肩ひじ張らずに見て欲しい作品です。
TSUTAYA先行のエクス・マキナはやっぱりアレでした!
「TSUTAYA先行レンタル」とか「レンタルはTSUTAYAだけ」っていう作品は今一つハズレが 多いのですが、このエクス・マキナはどうなの?
アンダーワールド5作目を見る前に1作目から見直してみた!
アンダーワールド5作目ブラッド・ウォーズがレンタルされる前に、復習も兼ねて1作目から見直しました。
アンダーワールド2:エボリューションは1作目より更に面白い!
アンダーワールドの続編になりますが、今作は2部作の完結編になります。
アンダーワールド:ビギンズ すべてはここから始まった!
「アンダーワールド」シリーズの第3作で、両部族の戦いの起源を描きます。R-15作品ですのでお子様との鑑賞は気をつけてください。
イーグル・ジャンプのレビュー!ホッコリする映画もいいですね!
イギリス初のスキージャンパー代表になる為に挑戦し続ける実在の人物、マイケル・エディ・エドワーズのお話です。
「ミッドナイト・スペシャル」は超つまらない!時間を返せ!
またまた「TSUTAYA先行レンタル」の謳い文句に騙されました。レンタル料金を返せ〜!
ジェイソン・ボーンもただのおじさん?9年ぶりも老けたな〜
表の世界から完全に姿を消し、地下格闘技の世界で生計を立てていたジェイソン・ボーン(マット・デイモン)。一方、CIAの同僚であったニッキーは・・・・
ハリーポッターの新作ファンタスティック・ビーストを見た!
舞台は1926年アメリカ・ニューヨークです。ハリー・ポッターが活躍している時代の70年前となりますが、とにかくハリー・ポッター好きにはたまらない作品ですね。
モンスタートラックB級映画万歳!
生まれ育った街から抜けだして人生を変えたいと考えていた高校生トリップは謎のモンスターと出逢い、スクラップからモンスタートラックを作ることになる。
アサシン・クリードのレビュー!イーグルダイブが超カッコイイ
中世を舞台にし、テンプル騎士団とアサシンが対決する構図を描いた物語である。主人公の死刑囚カラム・リンチ(マイケル・ファスベンダー)は優秀なアサシンを先祖に持つ。
キングコング 髑髏島の巨神は怪獣映画です。童心に帰ろう!
キングコング 髑髏島の巨神のレビューです。卑弥呼は怪獣映画が苦手な為、旦那の縄文人が書きまっせ!
トリプルX:再起動のレビュー!ヴィン・ディーゼルの動きが?
ヴィン・ディーゼルのトリプルX、1作目から15年も経つと動きが鈍く、ドニーさんと比較になりません。
NERVEナーヴ 世界で一番危険なゲームは若者向けで微妙です
NERVEナーヴ 世界で一番危険なゲームのレビューになりますが、卑弥呼よりも高校生の娘が面白かったようです。
アンダーワールド:覚醒4作目のレビューですが、もうそろそろ?
バンパイア(吸血鬼)の処刑人セリーンとライカン(狼男)とバンパイアの混血マイケルは、ライカン族だけでなく、バンパイア族からも追われる身となる。