青森県柏崎青果のオヤジMAGMAサイダーって知ってる?

青森県柏崎青果のオヤジMAGMAサイダーって知ってる?

青森県のおいらせ町で見た目はまずそうな黒い炭酸飲料が売り出されました。

 

オヤジMAGMAサイダー

オヤジMAGMAサイダー

青森県おいらせ町の柏崎青果が、黒ニンニクの約1片分の成分を含む炭酸飲料を販売しました。

 

黒にんにくの風味がほのかに香るこの炭酸飲料は「おいらせオヤジMAGMAサイダー」と言いまして、今にも噴火しそうな名前です。

 

柏崎社長曰く「冷やすとさらにおいしさが増す、名前もインパクトにこだわった、いかにも元気が出そうでしょ?」との事。

 

青森県おいらせ町の柏崎青果が、静岡県の濃縮エキス化の技術を持つ事業所と協力し開発しましたが、エキスと炭酸量のバランスの調合に苦労したそうです。

 

柏崎青果と言えば黒にんにくで有名ですが、社長は「黒にんにくを使ったドリンクを何とか作りたかった」と話しています。

 

225ミリリットル入り、378円(税込み)。柏崎青果の他、県南地方のユニバース、八戸市の三春屋などで販売中です。

 

柏崎青果とは

青森県おいらせ町に平成3年に設立以来、青森ブランドを世界へ発信するというテーマを掲げ、年間を通じて私たちの食卓へ野菜を届けてくれています。

 

特に青森県産のにんにくを使用した「熟成おいらせ黒にんにく」は数々の賞を受賞し、柏崎青果が大きく飛躍するきっかけとなりました。

 

その後、青森県産の大根を使った、県内初の「切り干し大根」や「切り干しdeサラダ」、更にはごぼうを乾燥させた「スライスごぼう」や黒にんにくからヒントを得た「黒ごぼう」の開発にも成功しています。

 

今後は出会いの場を世界に広げ、青森県の食を発信していくようです。

 

まとめ

オヤジMAGMAサイダー

青森県では本当に良い話が聞こえてきません。お年寄りは増える、人口は減る、豪雪地帯である。真面目な話、雪が多く降ると「雪に殺される」が口癖になります。

 

更に除雪費用が底をついたとか、屋根の雪下ろし中に亡くなったとか、悪い話ばかりが続きます。

 

柏崎青果さんは、そんな悪い話題を吹き飛ばしてくれるような、良い話題を提供してくれたと思います。

 

この商品が売れることを願うのは当然ですが、青森県の事業所が頑張っている、という姿を見られたことに拍手を贈りたいと思います。

 

これからも良い商品を青森県だけではなく、全国に発信できますように是非頑張ってください。近いうちに、楽天市場などで気軽に購入できることを期待しています。

 

卑弥呼も応援しています!

 


 

Sponsored Link

関連ページ

台風10号ライオンロックが青森県を去った翌日
台風10号が青森県を通過し津軽海峡を抜け、31日午前1時には 温帯低気圧に変わりました。
青森ねぶたと弘前ねぷたと五所川原立佞武多
東北の火祭りと言えば「ねぶた」!青森・弘前・五所川原の佞武多についてつぶやきます。
介護の仕事はなぜ魅力がないの?介護士の卵不足で将来はどうなる!
青森県内の介護福祉士養成施設(7ヵ所)への入学者が、昨年度に続き50%を切る事態となりました。全定員260名に対して110名の入学者42.3%にとどまったようです。
青森県の最低賃金2017年はついに700円を超えるか?
青森県の最低賃金は現在695円ですが、2017年は700円を超えるのでしょうか?
青森県が保育士確保に乗り出す?5年以上の勤務で返還不要!
青森県は保育士専門学校等に通う学生に修学資金を貸し付け、県内の保育園に5年以上の勤務で返還不要の事業を行います。
青森県田舎館村の田んぼアートに草刈正雄さんがやってきた!
青森県田舎館村にある田んぼアートは全国的にも有名になりました。草刈正雄さんもいらっしゃいました。是非一度ご覧ください!
青森県南部地方の郷土料理「いちご煮」はジャムではありません!
いちご煮ってご存知ですか?青森県に来県したことのない方には、是非食べていただきたい磯料理です。
青森市長選は小野寺晃彦さんが初当選!小野寺晃彦さんて誰?
青森市の新市長が決定しました。無所属新人の小野寺晃彦さんと言う人ですが、この人は立候補前までは総務省に勤務していたって知ってました?